イチロー 足踏み4タコ 日米通算4000安打は足踏み

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<ヤンキース・エンゼルス>6回、二ゴロで一塁に駆け込むヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース11―3エンゼルス

(8月14日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローがエンゼルス戦に「2番・右翼」で出場。4打数無安打に終わり、日米通算4000安打へ残り6本で足踏みとなった。

 試合はソリアーノが2試合連続の2本塁打。1920年以降の大リーグで史上3人目となる2試合連続の6打点以上を挙げ、大勝で4連勝した。イチローは「神経の使い方が違う。早い段階でリードが大きくなる場合は(楽になる)。神経使って疲れるんでね、野球って。それがないのは助かります」と歓迎した。

 現在のヤ軍は、相手先発投手の左右によって打線を組み替える。左腕だった前日に完全休養となったイチローは、15日(日本時間16日)からの2試合も左腕の先発が続くため、スタメンから外れる可能性が高い。出場機会を増やすためにも、常に結果が求められる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース