中日 連敗ストップもルナが…右膝痛め登録抹消へ

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<ヤ・中>6回2死三塁、谷繁は勝ち越しの左前適時打を放つ

セ・リーグ 中日6-5ヤクルト

(8月15日 神宮)
 逆風の中、高木竜がかろうじて連敗を止めた。

 1度は「6番・一塁」でスタメン発表されたルナが、試合前練習で右膝を痛めプレーボール直前にクラークに変更。先発の山本昌も4回もたずにKOされるなど苦しい展開となったが、相手のミスにも助けられ、5―5の6回2死三塁からの谷繁の左前決勝打でシーソーゲームを制した。

 「いつも苦しい。苦しくない試合なんてない。勝ちゃいいんだ」と吐き捨てるように話し、足早に引き揚げた高木監督。3回にも先発に抜てきした岩崎が左太もも裏の違和感を訴えて途中交代するなど、とても白星を喜べる状況ではなかった。

 連敗を4、ヤクルト戦の連敗は7で止めたが、打率リーグトップのルナが検査のため16日に帰名。登録抹消の予定で、今後もますます険しい道のりとなりそうだ。

 ▼中日・谷繁(6回に代打で決勝の左前適時打)真っすぐを待っていたけど、フォークをバットの先でうまく引っかけられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース