熊本工・山下 175球熱投も涙「高校3年間の僕のベストボール」

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<熊本工・作新学院>ガックリの熊本工・山下

第95回全国高校野球選手権2回戦 熊本工0―4作新学院

(8月15日 甲子園)
 175球の熱投も報われなかった。九州屈指の技巧派左腕、熊本工の山下が9回4失点で敗れた。

 「変化球の制球がよくなかった。際どくコーナーを突いたが決まらなかった」。それでも熊本大会6試合を一人で投げ抜き、初戦の鳥取城北戦は無四球完投を飾ったエースは、最後の打者に直球勝負を挑んだ。「最後にしっかり腕が振れて三振が取れた。高校3年間の僕のベストボールでした」と涙を流しながらも胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース