ロッテ 先制許すもすぐ逆転、角中V打 唐川1カ月ぶり6勝

[ 2013年8月16日 21:25 ]

<ロ・オ>1回裏2死一塁から右中間に2ランを放つブラゼル

パ・リーグ ロッテ5―2オリックス

(8月16日 QVC)
 2位のロッテはQVCで最下位オリックスと対戦。先制されるも初回の4点で逆転、5―2で快勝した。

 試合は先制された初回、4番今江の適時打で追いつき、5番角中の適時打で勝ち越すと6番ブラゼルが右中間に8号2ランを放ち4点を奪い逆転。5回にも今江の適時二塁打で追加点を挙げた。

 先発の唐川は先制を許し、毎回安打されるが5回を2失点でしのいで救援陣に後を託した。この後、内、松永、カルロス・ロサ、益田とつないで逃げ切った。唐川は7月16日のソフトバンク戦以来1か月ぶりの6勝目。

 オリックスは幸先よく先制したが、先発西が崩れ巻き返せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース