鳴門 延長1回サヨナラ勝ち “満塁男”松本が左翼線へ劇打

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<鳴門・修徳>延長10回無死満塁、松本は遊佐(右)から左前にサヨナラ適時打を放ちガッツポーズ

第95回全国高校野球選手権2回戦 鳴門6―5修徳

(8月15日 甲子園)
 鳴門の満塁男・松本がまたやった。5―5の延長10回無死満塁。主将・河野に「自分が決めてくるけん」と言って向かった打席の初球を左翼線に運びサヨナラ勝ちした。

 「サヨナラ打は初めてです。板東が頑張っていたし早く決めてやろうと思った」と、チームメートと抱き合って喜びを爆発させた。初戦の星稜戦でも大会1400号となる満塁弾を放った松本に森脇稔監督も、「ラッキーボーイ」と最敬礼だ。

 松本の幼なじみが所属するサッカー部は今冬、全国高校サッカー選手権で修徳に敗れた。「見とってくれ。打ってくるけん」と松本は敵討ちを宣言し、見事にやってのけた。週2回ジムに通い、ベンチプレスは100キロを誇るパワーヒッター。パワーと強運を併せ持つジャイアンがうずしお打線を引っ張る。

 ▽うずしお打線 1950年夏は当時の大会最高打率・362を樹立する猛打で準優勝。「鳴門の渦潮」にちなんで「うずしお打線」と呼ばれて親しまれた。74年から金属バットが導入され、現在の大会最高打率は04年駒大苫小牧の・448だが、木製バットでは鳴門が最高記録である。また夏2勝はこの50年以来、63年ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース