青木4打数2安打も…ブルワーズ敗れる

[ 2013年8月16日 12:15 ]

レッズ戦の6回、一前バント安打を決めるブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ―レッズ

(8月15日 ミルウォーキー)
 米大リーグ、ブルワーズの青木は15日(日本時間16日)、ミルウォーキーでのレッズ戦に「1番・右翼」で出場、4打数2安打1盗塁だった。ブルワーズは1―2で敗れた。

 1回の第1打席が投ゴロ、3回の第2打席も遊ゴロに倒れた青木は6回、セーフティバントを決めて一塁内野安打とすると、1―2の9回には先頭で右前打を放って出塁し、二盗も決めたが、生還することはできなかった。

 ▼青木の話(160キロ左腕チャプマンから中前打)あの真っすぐに振り負けないように、自分のポイントで打とうと思った。大事な場面で打てたのは大きい。まだシーズンは終わっていない。諦めないでやっていきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース