福井商の背番10・長谷川 びっくり完投「え、俺?と思った」

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<福井商・聖光学院>9回2死三塁、最後の打者を左飛に仕留めガッツポーズする長谷川

第95回全国高校野球選手権2回戦 福井商2―1聖光学院

(8月15日 甲子園)
 当日朝に先発を言い渡された福井商の背番号10・長谷川が、期待に応えた。

 130キロ台後半の直球とスライダーを軸に、聖光学院打線を6安打1失点に抑え完投。「え、俺?と思ったけど、投げるつもりで準備はしてきたので緊張はなかった」と4カ月ぶりの公式戦先発でも落ち着いていた。父・陽さんは福井工大福井で甲子園出場経験があり「小さい頃から良い場所と言われてきた甲子園で勝ててうれしい」と目を輝かせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース