三浦 スローカーブで大谷手玉 球場表示も計測不能

[ 2013年7月20日 06:00 ]

<全パ・全セ>6回2死一塁、三浦(右)を打てず投ゴロに倒れる大谷

マツダオールスターゲーム2013第1戦 全セ1―1全パ

(7月19日 札幌D)
 DeNAの三浦は大谷と対極ともいえる投球で球場の歓声をさらった。6回2死一塁。20歳年下の大谷に対した4球目。超スローカーブで投ゴロに打ち取った。

 「狙い通りとは言わないけど、球速は80キロぐらいじゃないかな」

 あまりの遅さに球場の球速表示が出ない。大谷の157キロとは実に80キロ近い差があった。この対戦、3球連続速球でカウント1ボール2ストライクとし、投じたスローカーブに大谷のタイミングは完全に狂った。

 計測不能のスローカーブに、大谷は「来た瞬間は感動とびっくりでした」。野球を始めてから初めて目の当たりにした「魔球」。そして「結構引きつけたつもりだったけど、まだまだ来てなかった」と再び驚きを隠せなかった。

 三浦にとって先発を務めた昨年の第3戦(盛岡)でも披露した球。「どない頑張っても150キロや160キロは出ない」。ならばどうするか。目立つには誰よりも遅い球を投げることだった。大谷が生まれる以前からプロの世界で投げ続ける右腕が磨いてきた技だった。そして、同時に大谷の大器としてのオーラも感じ取っていた。「甘くいったら持っていかれる。それが分かった。高卒ルーキーの雰囲気ではない」。だからこそ、自らの武器を、みせつけた。

 6回からの2イニングでスローカーブは計3球。6回1死からの中田の2球目、7回2死からの内川の初球にも投じた。中田が大きなスイングで空振りをすると、マウンド上で笑った。2回を2安打無失点。「本当に楽しむことができた。野球を始めた時に楽しいと思った原点に返ることができたよ」と話した。

 ルーキーの活躍が目立った前半戦。球宴も新戦力に注目が集まる中、22年目の右腕がオヤジの存在感を出した。

 ▼日本ハム・中田(球宴初の4番で4打数1安打)楽しかった。ホームラン競争(決勝0本)は情けなかったけど…。三浦さんの(スローボール)はびっくりしたけど打ちたかったね。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月20日のニュース