二松学舎大付 雪谷に10年前決勝のリベンジ

[ 2013年7月20日 06:00 ]

<JR東日本・三菱重工横浜>5回1死満塁、畑中(2)は満塁弾を放ちナインに出迎えられる
Photo By スポニチ

東東京大会5回戦 二松学舎大付4―3都雪谷

(7月19日 神宮)
 二松学舎大付は9回に3―3の同点に追いつかれたが、その裏2死三塁から3番・竹原が中前にサヨナラ打を放った。

 都雪谷には03年の決勝で敗れており、就任18年目の市原勝人監督は「それ以来、神宮で初めて対戦した。負けた経験が頭に残っていた」と当時を思い出しながら勝利をかみしめた。8回に一時勝ち越しとなる左越えソロを放った1メートル84、95キロの6番・秦は「いろいろ考えても仕方ないのでシンプルに振った。勝てて安心しました」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース