大野、外木場 元広島の両氏を表彰 新たに野球殿堂入り

[ 2013年7月20日 18:30 ]

試合前に行われた野球殿堂入りの表彰であいさつする大野豊氏。後方は外木場義郎氏

 ことし新たに野球殿堂入りした元広島投手の大野豊氏と外木場義郎氏の表彰式が20日、神宮球場でのマツダオールスターゲーム第2戦の試合前に行われた。

 大野氏は先発、救援の両方で活躍し、史上6人しか達成していない「100勝、100セーブ」を挙げた。「殿堂入りするとは夢にも思っていなかった。周りに認めてもらいたいと頑張ってきた結果」と感慨深げな様子だった。

 広島の初優勝の原動力となり、完全試合を含め3度の無安打無得点試合を成し遂げた外木場氏は「野球界最高の賞だと思っている。初優勝の感動は忘れることができない」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース