大阪桐蔭 エース葛川16K!「これだけ取れたのは初めて」

[ 2013年7月20日 21:32 ]

大阪大会3回戦 大阪桐蔭4―1箕面学園

(7月20日)
 大阪桐蔭の先発・エース葛川は、横手から繰り出される切れ味抜群の直球を武器に、箕面学園から16奪三振。「万全の状態で臨めた。これだけ三振を取れたのは初めて」と白い歯を見せた。

 この日、左手小指を痛めていた森友主将が捕手に復帰。主将から「持ち味の真っすぐが生きていた。上出来」と絶賛された右腕。昨年の甲子園大会春夏連覇に貢献した藤浪(現阪神)から受け継いだ背番号1には重みを感じるというが「藤浪さんと自分は違う。自分のやれることをしっかりとやるだけ」と頼もしかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース