関東第一・中村“ダル流”変化球で手玉

[ 2013年7月20日 06:00 ]

<関東一・東海大高輪台>8回を投げ2失点に抑えた関東一・中村

東東京大会5回戦 関東第一9―2東海大高輪台

(7月19日 神宮)
 関東第一の今秋ドラフト候補右腕・中村が、ダルビッシュ流の変化球で、東海大高輪台の打線を手玉に取った。

 3回、同点に追いつかれ、なおも2死一塁。4番・クォーターデビットを迎えるも、低めのスライダーで空振り三振に斬った。「直球が良くなかったので、変化球で緩急を意識した」と狙い通り。8回9安打2失点の内容に米沢貴光監督は「凄く良いとは言えないが、彼なりの工夫が見えた」と評価した。

 変化球のお手本は「ダルビッシュ有の変化球バイブル」。レンジャーズで活躍する右腕監修で、新たに2球種を追加した改訂版が5月に発売された。「カーブ、スライダーの握りなど参考にしました」。三振はわずか1つだったが、ダルビッシュのように変化球を織り交ぜて粘った。

 打っては、0―1の2回先頭で「たまたまです」とスライダーを捉えて左越えに同点ソロを放った。第1試合では春季東京大会で優勝した帝京が敗れる波乱があったが「他の高校のことは考えていない」と淡々。昨春のセンバツで同校を25年ぶりのベスト4に導いたエースは甲子園に向かってひたすら突き進む。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース