プロ注目の帝京・石川亮「相手の実力が上でした」

[ 2013年7月20日 06:00 ]

<帝京・修徳>修徳に敗れ、肩を落として神宮球場を後にする帝京・石川亮

東東京大会5回戦 帝京2―4修徳

(7月19日 神宮)
 今秋ドラフト候補の石川亮主将擁する春の東京大会王者・帝京が、5回戦で散った。同点の8回に失策を機に逆転され、押し出し四球で突き放された。

 最後の打者となった4番は「何とかつなぎたかったけれど、相手の実力が一つ上でした」と悔しさをにじませた。今後の進路については「(プロの)可能性があるなら挑戦したい。今はゆっくり考えたいです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月20日のニュース