ソフトB 中村 炎天下特守を敢行 51失策は早くも11年と同数

[ 2013年7月20日 06:00 ]

特守を終え、鳥越コーチから頭に水をかけられる中村

 巻き返しのカギは守備面の修正だ。ソフトバンクは現在、オリックスと並びリーグワーストタイの51失策。これは日本一に輝いた11年と早くも同じ数字だ。

 この日は炎天下の雁の巣球場で、6年目の中村が一塁の特守を敢行。鳥越内野守備走塁コーチも見守る中、30分間近く基本練習を繰り返した。6月26日の日本ハム戦(東京ドーム)ではサヨナラ失策を犯しており「あれだけ守備で迷惑をかけたし、きょうは(特守を)やるつもりでした。数をこなして不安をなくしたい」と大粒の汗をぬぐった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース