光星3年連続出場逃す「プレッシャーあったと思う」

[ 2013年7月20日 06:00 ]

青森大会準々決勝 八戸学院光星1―2弘前学院聖愛

(7月19日)
 昨夏まで3季連続で甲子園準優勝だった八戸学院光星が準々決勝で、弘前学院聖愛に1―2で敗れた。

 今年度から校名を「光星学院」から変更。3年連続出場を逃した仲井宗基監督は「連続出場のプレッシャーが選手にはあって大変だったと思う」と唇をかんだ。3番・滝本は3打数2安打したものの、1―2の8回2死三塁の好機に右飛に倒れ「連続出場ならず申し訳ない。あの場面で打てたら…」と涙を見せた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月20日のニュース