三菱重工横浜 完敗も151キロ左腕福地が光明3K

[ 2013年7月20日 06:00 ]

<JR東日本・三菱重工横浜>5回1死満塁、野村は畑中(奥)に満塁弾を打たれる

第84回都市対抗野球2回戦 三菱重工横浜1―7JR東日本

(7月19日 東京ドーム)
 三菱重工横浜は完敗の中でルーキー左腕の福地が好投した。

 5回、満塁弾を浴びた野村に代わって登板。140キロ台の直球で押して、1回2/3を無失点で3三振を奪った。「腕を振ることだけを考えた。自分の持ち味は出せた」。九州共立大時代は最速151キロをマーク。ドラフト解禁となる来年へ「負けている場面を任されるのが現状。流れを呼び込める投手になりたい」と、課題の制球を磨いて、上のステージを目指す。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月20日のニュース