JX―ENEOS 連覇へ底力、8回4点でひっくり返した

[ 2013年7月20日 23:32 ]

JX―ENEOS―東京ガス 8回裏JX―ENEOS2死一塁、山田が決勝の右中間二塁打を放つ

都市対抗野球第9日 JX―ENEOS4―3東京ガス

(7月20日 東京D)
 前回覇者のJX―ENEOSは8回の4点で試合をひっくり返した。1回戦のサヨナラ勝ちに続いてしぶとく接戦を制し、大久保監督は「選手の底力というか…。昨年(都市対抗と日本選手権で)二つ優勝したことが自信につながっている」とうなずいた。

 指揮官が「勝負強い」と信頼を置く4番山田が適時二塁打で4点目をたたき出した。山田は「このチャンスしかないと思っていた。この大会で初めて自分の仕事ができた」と安どの表情を浮かべた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース