ライアン小川 2回無失点堂々投球も「居場所がない感じ」

[ 2013年7月20日 19:31 ]

2イニングを1安打無失点と好投した全セ・小川

マツダオールスターゲーム2013第2戦 全セ3―1全パ

(7月20日 神宮)
 全セの2番手として本拠地の神宮球場のマウンドに上がったヤクルトの“ライアン”小川は、2回を1安打、無失点の好投を披露した。「すごく緊張したんですけど、何とか0点に抑えられてよかった」とは言いながらも、新人ながらリーグトップの10勝を挙げているだけに投球は堂々としたもの。

 3回、1死から鈴木に左中間二塁打を打たれたものの動じず後続を断ち、4回にはクリーンアップを三者凡退に抑えた。

 それでも、オールスターの雰囲気を聞かれ「スター選手ばっかりで、居場所がない感じがする」と初々しさを見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月20日のニュース