ジオ7勝目 1イニング与死球3も「歴史に残るなら」

[ 2010年9月4日 20:07 ]

 【広島8―3阪神】広島のジオは一回、先頭から2球続けて死球を与え、この回だけで死球3、四球2。だがピンチを2失点でしのぐと、二回に自ら同点二塁打を放った。この一打で気を良くしたのか、三回以降は立ち直った。

 炎天下、汗を振り飛ばしながらの力投で7勝目をマークし「暑さは気にならない。むしろ好き」と涼しい表情。リーグタイ記録の1イニング与死球3についても「歴史に残るのならばありがとう」と笑い飛ばした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース