松井秀 代打でも出番なし「仕方ないですよね」

[ 2010年9月4日 14:28 ]

アスレチックス戦で先発を外れ、ソーシア監督(左端)らとともに試合を見詰めるエンゼルス・松井秀(右端)

 エンゼルスは3日、オークランドでアスレチックスと対戦し、0―8で大敗。松井秀喜外野手は出場しなかった。

 1日のマリナーズ戦で逆転2ランを放った松井秀は先発を外れ、終盤に突き放された展開で代打の出番もなし。「仕方ないですよね」と少し寂しげな表情を見せた。

 相手先発は1日と同じく左投手だったが、ソーシア監督は「球種が少し違う。4日のデーゲームに元気な状態で臨ませたい」と、松井秀を控えに回した意図を説明した。

 休養日の2日、球場ではプロフットボールNFLの試合が行われ、この日は芝生などの整備のために打撃練習は取りやめとなった。松井秀は打撃の感覚を維持するのに「(間隔が)1日、2日なら気にならない」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース