住金鹿島が10年ぶり4強

[ 2010年9月4日 17:22 ]

 都市対抗野球大会第9日は4日、東京ドームで行われ、準々決勝で住友金属鹿島(鹿嶋市)が4―3でヤマハ(浜松市)に勝ち、10年ぶりに準決勝へ進出した。

 住友金属鹿島は二村の2ランなどで三回までに4点を挙げて逃げ切った。
 2回戦の残り2試合では、JR九州(北九州市)が延長十回、田村のサヨナラ打で日本通運(さいたま市)に2―1で競り勝った。NTT東日本(東京都)は七回に高尾の3ランなどで4点を加え、昨年準優勝のトヨタ自動車(豊田市)を7―0で破り、準々決勝に進んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース