日本ハム 糸井の好判断が決勝点に

[ 2010年9月4日 20:05 ]

 【日本ハム1―0ロッテ】日本ハムは0―0の延長十二回、飯山の犠飛で貴重な1点をもぎ取った。

 糸井の二塁打と2死球で1死満塁の絶好機。右翼へ上がった飯山の飛球は浅かったが、三塁走者の糸井が自慢の快足を飛ばしてホームへ突っ込み、生還した。「本当はストップだったけど、自分の判断でスタートした。ここしかチャンスはないと思って」と糸井。一瞬の判断が、チームを勝利に導いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース