能見 昇格最終テスト合格!9日先発へ

[ 2010年9月4日 06:00 ]

 【ウエスタンリーグ・阪神4―0オリックス】5月に右足甲を痛めた阪神の能見が、ウエスタン・リーグのオリックス戦(鳴尾浜)に先発し、6回1/3を2安打無失点と好投。1軍昇格への最終テストをクリアした。

 2軍戦とはいえ、セギノール、ラロッカら外国人選手が4人並んだ打線から10奪三振。直球、変化球の切れも良く「思ったより手応えは良かった」と話した。9日の中日戦(甲子園)での先発復帰が濃厚な左腕は「僕はもうただチームに貢献するだけ」と意欲的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース