虎は夜行性?阪神、デーゲームは9連敗…鶴2回降板

[ 2010年9月4日 20:17 ]

 【阪神3―8広島】この日の広島市の最高気温は36度。とはいえ、わずか2回しかもたないのでは話にならない。阪神は先発の鶴が試合をつくれず、5位の広島相手に2連敗。痛い取りこぼしに「流れが悪かった。抑えるところを抑えて(点を)取れるところで取っていかないと」と話す真弓監督の顔にも疲労がにじんだ。

 3―1の二回は2死一、二塁で、打席には相手先発のジオ。1球目に左翼ポール際へ大ファウルを打たれ、スタンドがどよめく。2球目。内角直球を振り抜かれると、打球は左中間へ。深々と破られて同点とされた。
 指揮官は「ああいうので流れを渡してしまう」とおかんむり。鶴は「絶対に抑えないといけなかった。暑さは関係ない。自分がだらしないだけ」と、唇をかんで引き揚げた。
 これでデーゲームは9連敗で今季12勝20敗。残り9試合もある昼間の試合に、真弓監督は「嫌は嫌。残りもデーゲームがあるから勝てるようにしていかないと」と言うが…。最大の敵は暑さではなく、この苦手意識なのかもしれない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース