内川が口火と締め…3番アイアンで打ったような満塁弾

[ 2010年9月4日 22:09 ]

 【横浜9―4ヤクルト】横浜の内川が六回、8点の猛攻の口火を切り、そして締めた。先頭で安打を放つと、打者一巡した次打席で満塁本塁打。「前にヤクルト戦で1イニングに1人で2死を取られたので、きょうは2安打してやろうと思っていた」と狙い通りの打棒に胸を張った。

 横浜のリリーフ陣の弱さを考えると、終盤4点差は安全圏とは言えないだけに、グランドスラムが効果的だった。尾花監督は「3番アイアンで打ったようなすごい打球だった」と弾丸ライナーで運んだ当たりを含めて、最敬礼だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース