内海KOにダメ出し「本塁打だけは防いでほしかった」

[ 2010年9月4日 09:37 ]

 【巨人2―3中日】巨人の内海が5回3失点KOで7敗目を喫した。4回まで毎回走者を背負いながら無失点も、5回に森野の適時打に続いて和田には2ランを被弾。「勝負どころの球が甘く入って粘れなかったのが本当に悔しい」。8月26日の中日戦(東京ドーム)でその内海が完投勝利を挙げて以来、先発投手は6試合連続で6回持たず。加えて白星もついてない状態に、斎藤投手コーチも「(内海は)本塁打だけは防いでほしかった」と硬い表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース