45歳でかした!山本昌 史上最年長完封勝利

[ 2010年9月4日 15:25 ]

巨人戦に先発し、最年長完封を達成した中日・山本昌

 【中日3―0巨人】中日のベテラン・山本昌が巨人打線を散発6安打に抑え、45歳24日での史上最年長完封を記録した。これまでの記録は、1950年11月12日の近鉄戦で若林忠志(毎日)が記録した42歳8カ月。小田と初めてお立ち台に上ったベテランは「素晴らしいリードをしてくれた」と女房役を称えた。

 中日は1回2死無走者から3番・森野がゴンザレスの直球をライトスタンドへ弾き返す18号ソロで先制。4回には1死一、三塁から野本、堂上直の連続適時打で2点を追加し、山本昌を援護した。

 巨人は球団ワースト記録となるナゴヤドームでの中日戦8連敗。

 ▼中日・山本昌投手の話 自分の完封勝利より、大事な試合で勝ててほっとしている。終盤は最後の完封かもしれないと思って楽しんで投げた。また完封できるなんて、想像していなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月4日のニュース