ギニアは不参加 コロナ影響懸念、5選手がエントリー 資金面で課題も

[ 2021年7月23日 05:30 ]

 西アフリカのギニアが新型コロナウイルスの変異株の流行による選手の健康への影響を懸念し、東京五輪への不参加を決めた。AP通信が22日報じた。ギニアのソウ文化・スポーツ・歴史遺産相が21日にギニア・オリンピック委員会に宛てた書簡による声明で通知した。陸上や競泳、柔道など5選手がエントリーしていた。同国オリンピック委員会は、選手団を派遣する資金面を課題に挙げていたという。その他では新型コロナから選手を守る必要があるとした北朝鮮の例がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月23日のニュース