ホステスプロ・彩香が首位 自己ベストまであと1打、出身の熱海復興願い奮闘

[ 2021年7月23日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 大東建託いい部屋ネット・レディース第1日 ( 2021年7月22日    北海道 滝のCC=6578ヤード、パー72 )

<大東建託いい部屋ネット・レディース第1日>6番、バーディーパットを決める渡辺(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 大東建託所属の渡辺彩香(27)が64の好スコアをマークし、16年ツアー選手権以来の単独首位スタートを決めた。

 ホステスプロとして今大会初優勝を目指す渡辺が、ツアーでの自己ベストにあと1打と迫る快スコアで首位。ドライビングディスタンス5位(253・35ヤード)の飛距離を生かしたゴルフで8バーディーをマークした。静岡県熱海市出身。今も住み続ける故郷が今月初旬に豪雨被害に見舞われた。「自分にも何かできれば。それもモチベーションになっています」。一日も早い復興へ、ツアー5勝目を地元に届ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月23日のニュース