×

入江 2大会ぶりメダルへ増量、男子100&200背泳ぎ スピード増し「ワクワク」

[ 2021年7月23日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる競泳男子の入江
Photo By 共同

 五輪男子100メートル、200メートルの背泳ぎに出場する入江陵介(31=イトマン東進)は銀2、銅1を獲得した12年ロンドン五輪以来2大会ぶりのメダルを目指す。

 19年以降は継続して筋力トレを行っており、体重は16年リオ五輪より約3キロ、ロンドン五輪からは約7キロ増。スタート、ターン直後の速度は確実に増しており「過去と比べる部分もあるが、今は今の強さがある。リオの時よりは調子がいい。世界には僕より速い選手がたくさんいるので、ワクワクしている」と目を輝かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月23日のニュース