ソフトボール 宇津木監督采配ズバリ!渥美がサヨナラエンドラン決めた「自分の良さ出せた」

[ 2021年7月23日 05:30 ]

東京五輪 ソフトボール   日本3ー2メキシコ(8回タイブレーク) ( 2021年7月22日    福島県営あづま球場 )

<日本・メキシコ>タイブレークの延長8回1死三塁、サヨナラ適時内野安打を放つ渥美(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 策がズバリ決まった。同点の延長8回1死三塁、1ストライクで走者の山田が投球と同時に走った。左打ちの9番・渥美がミートに徹し、遊撃へ転がす。本塁は間に合わない。サヨナラだ。ナインがベンチから飛び出して歓喜の輪ができた。

 「私は凄く打つわけではない。サインを生かした攻撃は私の真骨頂。自分の良さを出せたと思っている」

 遊撃を守らせれば天下一品の守備の人、渥美は、サヨナラエンドランを決めて胸を張る。初戦でも好機で代打を送られていた伏兵が、小技で貢献した。

 「渥美は細かいことが上手なので」と宇津木監督は振り返った。走者を三塁に置いてのヒットエンドランは空振りすれば一気に好機が消える可能性もあるが、塁間の短いソフトボールの特徴を熟知した指揮官の勝負手。19年6月の米国戦でも、タイブレークに突入した延長8回1死三塁でサインを出し、サヨナラ勝ちへと導いた。

 この日は主将の山田が7回にミスし、同点とされるなど、自慢の守備にほころびが出た。しかし、もう一つの武器である機動力で、勝利をもぎ取った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月23日のニュース