×

内藤雄士&野田すみれ【90切りからのステップアップ】第4回 FWのミート率を高める方法

[ 2021年7月23日 12:00 ]

内藤雄士&野田すみれ 90切りからのステップアップ➃
Photo By スポニチ

 今回のテーマはフェアウェーウッド(FW)のミート率を高める方法です。内藤雄士コーチによれば、最近のFWは飛距離を稼げる分、スピン量が少なく、ボールが上がりにくいと言います。そのため、無理に上げようとするとチョロなどのミスが出てしまうとのこと。野田すみれさんも同じ悩みを抱えますが、アドレスを修正したことで、一気にその悩みが解決しました。ぜひ、アベレージゴルファーの皆さんも参考にして下さい。

 内藤 女子は使用頻度が割と高めのFWですが、野田さんは得意ですか?

 野田 実は以前から不得意に感じているクラブなんです。チョロが出ることもあるぐらいで…。

 内藤 スイング軌道がインサイドアウトで、なおかつアッパーブローで打つからでしょうね。1Wやアイアンはうまく打てるのに、FWになると急にミスの頻度が多くなる人は結構います。まずは何球か打ってみましょうか。

 野田 うまく当たってくれるといいのですが…。うわっ、いきなりチョロが出てしまいました。

 内藤 野田さんに一つ質問があります。FWは1Wとアイアンのどちらに近い打ち方をするのが正解でしょう?

 野田 1W寄りの打ち方だと思いますが。

 内藤 残念ながら不正解です。1Wはアッパーブロー、アイアンはダウンブローですよね。その中間がレベルブローだとすると、FWはその中間よりもアイアン寄りに位置します。軌道でいえば、緩やかなダウンブローになるわけです。ただ、FWはアイアンよりもクラブ自体が長い分、ボールと体の距離が遠くなりますよね。その結果、横振りになり、アッパーブローに振りやすいので気をつけましょう。

 野田 要するに、私はアッパーブローに打っていたので、チョロが出ていたんですね。

 内藤 そうです。まずはアッパーブローの軌道を修正しましょう。ちょっと構えて下さい。ほら、ボールを右サイドから見ようとするので、右肩が少し下がり気味ですよね?この状態でスイングすると、間違いなくアッパーブローになります。頭を少し左に寄せて、ボールを上から見るように構えましょう。さらに、スタンスを少し狭くします。

 野田 違和感極まりないですね。ボールを見る目線が変わったし、肩が地面と平行になったと思いますが、感覚的には左肩が下がっている気がします。

 内藤 さらに違和感を一つ足しましょう。頭の右サイドにクラブをつけておくので、そのままボールを打って下さい。

 野田 こんな状態で打てるはずが…。あれっ、めちゃくちゃいい球が出ましたよ!

 内藤 頭の位置を変えただけでは、アッパーブローは修正できません。頭の右にクラブをつけることで、体が右に倒れにくくなり、アッパーブローを防げるんです。

 野田 さっきまでの自分と同一人物とは思えない当たりが出ますよ。

 内藤 ボールを上から見るように構える、スタンスを狭くする、体の軸を右に傾けずに打つ。この3つを守れば、FWのミート率は確実に上がります。FWが苦手なアベレージゴルファーの方にもお勧めなので試して下さい。

 (取材協力=ハイランドセンター)

 ◆内藤 雄士(ないとう・ゆうじ)1969年(昭44)9月18日生まれ、東京都出身の51歳。日大ゴルフ部出身。米サンディエゴアカデミーなどで最新のスイング理論を学び、98年からプロを教えるプロコーチとして活躍。丸山茂樹の米ツアー優勝に貢献し、矢野東、谷原秀人ら多くのトッププロを指導。

 ◆野田 すみれ(のだ・すみれ)1999年(平11)2月8日生まれ、東京都出身の22歳。日本女子大卒。3歳でゴルフを始め世界ジュニアの日本代表に10年から3度選出。11年にハワイ・パールオープン・ジュニアで優勝。1メートル57。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月23日のニュース