宇野昌磨 3回転半―4回転トーループ成功ならず 「後悔」と「プラス」を口に

[ 2021年4月16日 19:14 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦第2日 ( 2021年4月16日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦第2日>男子フリー、演技をする宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーで大技に挑んだ宇野昌磨(トヨタ自動車)は、演技後に「後悔」と「プラス」を口にした。

 決めれば世界初成功となる3回転半―4回転トーループに冒頭で挑戦。3回転半は着氷したが、4回転トーループで転倒した。その後の4回転トーループでも転倒があり、164・96点だった。

 「ショート(SP)の時、自分の心の中で迷いがありました。今振り返れば、どうして早く覚悟を決められなかったんだと後悔していますけど…。来シーズンに向けて、良い意味で、良い形で終わらなかったことをプラスにつなげられるように。このシーズンオフ、いろんなアイスショーもありますし、来シーズンに向けて頑張りたいと思います」

 悔しさをかみしめつつ、五輪シーズンとなる来季へ決意を新たにした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース