遼 2番から3連続ボギーで痛恨出遅れ、19年5月以来の初日100位台

[ 2021年4月16日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 東建ホームメイト・カップ第1日 ( 2021年4月15日    三重県 東建多度CC名古屋=7081ヤード、パー71 )

13番、ティーショットを放つ石川遼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 09年以来の賞金王へ好スタートを切りたい石川だったが、2番から3連続ボギーを叩くなど後半に失速。国内ツアーでは腰痛のため棄権した19年5月の中日クラウンズ以来となる初日100位台の出遅れとなった。

 「先のことを予測はできないですけど、強い気持ちを持ってやっていくしかない」。昨年3月から田中剛コーチと始めたスイング改造は道半ば。はやる気持ちを抑えて地道な努力を続ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース