坂本 自己ベストで3位、連続3回転成功 来季の4回転挑戦構想も明かす

[ 2021年4月16日 05:30 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦第1日 ( 2021年4月15日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦第1日>女子SP、演技をする坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子SPでは坂本が自己ベストを更新する77・78点をマークし、3位に入った。冒頭のダブルアクセル(2回転半)に始まり、3回転ルッツ、フリップ―トーループの連続3回転を全て成功。演技後は右拳を握りしめた。

 3月の世界選手権ではSP、フリーともに3回転ルッツで踏み切り違反となった。「この2週間、ルッツを一番練習してきた。スケート人生で初めてと言っていいぐらい、ルッツのエッジの練習をした」。さまざまな角度からジャンプを撮影して研究するなど、見え方にもこだわってきた。

 17日にフリーを控える中、来季についても言及。「4回転を跳べるようにトレーニングや練習を積んでいく予定」と話し、プログラムに大技を組み込む構想を明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース