羽生結弦は男子フリーで193.76点

[ 2021年4月16日 19:46 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦第2日 ( 2021年4月16日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦第2日>男子フリー、演技をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーが行われ、羽生結弦(ANA)は193.76点をマークした。

 3月の世界選手権はSP首位発進からフリー4位で銅メダル。「今度こそフリーでしっかり闘い抜きたい。このプログラムに重ねている自分の人生みたいなものを、しっかりと闘い抜きたい」と意気込んでいたフリー「天と地と」。冒頭に4回転ループに着氷したが、次の4回転サルコーで回転が抜けた。演技後半には2度の4回転トーループに成功。全力を尽くし、コロナ禍で激動の今季を締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース