村上 連覇へ貫禄首位発進、跳馬大技チュソビチナ封印 五輪切符最優先

[ 2021年4月16日 05:30 ]

体操全日本選手権第1日 ( 2021年4月15日    群馬・高崎アリーナ )

全日本体操個人総合選手権女子予選 段違い平行棒の演技の前に集中力を高める村上
Photo By 代表撮影

 女子個人総合で連覇を狙う村上は4種目合計56・266点で貫禄の首位発進だ。今大会は跳馬での大技「チュソビチナ(前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり)」を封印。今夏の東京五輪を見据え「代表選考を勝ち取るために抜く選択をした」と大舞台への出場を最優先している。

 代表切符は今大会の得点を持ち点に争う5月のNHK杯で3位以内に入れば手にできる。「確実に1位通過できたので良い気分で決勝に進める」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース