寺本 予選4位に「伸びしろがある」跳馬大技成功、決勝へ「自分信じて」

[ 2021年4月16日 05:30 ]

体操全日本選手権第1日 ( 2021年4月15日    群馬・高崎アリーナ )

全日本体操個人総合選手権女子予選 平均台で演技する寺本
Photo By 代表撮影

 女子個人総合の予選で寺本は4種目合計53・998点の4位発進。「完璧主義の自分からしたら理想とは程遠いけど自信になった」と手応えを口にした。

 昨年2月に左アキレス腱を断裂。調子を落とし、12月の全日本は13位で「トラウマになった」という。この日は恐怖に打ち勝ち、跳馬で「チュソビチナ」の着地に成功。「立てたことが進歩。かなり伸びしろがある。自分を信じてやっていきたい」と決勝を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース