羽生結弦、フリー「天と地と」へ調整 午後7時36分に“軍神”降臨

[ 2021年4月16日 12:51 ]

羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)の男子SPで107・12点をマークして2位だった羽生結弦(ANA)は、16日午後0時20分から公式練習で調整した。フリーは同日午後6時10分にスタートし、羽生は午後7時36分に登場する。

 戦国武将・上杉謙信を演じるフリー「天と地と」。曲を流しての滑走では、冒頭の4回転ループに成功。4回転サルコーは2回転になったが、演技後半のトーループの4―3回転は決めた。

 3月の世界選手権はSP首位と好発進したが、フリー4位で銅メダルだった。「今度こそフリーでしっかり闘い抜きたい。このプログラムに重ねている自分の人生みたいなものを、しっかりと闘い抜きたい」。コロナ禍で激動のシーズンを、至高の“軍神”が締めくくる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース