おぎやはぎ矢作 “大ファン”松山英樹のマスターズVに「俺、ほんとに泣いたからね」

[ 2021年4月16日 14:09 ]

「おぎやはぎ」の矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(49)が15日深夜、TBSラジオ「JUNK おぎやはぎのめがねびいき」(木曜深夜1・00)に出演し、男子ゴルフのマスターズで日本人初優勝を遂げた松山英樹(29=LEXUS)に祝福の言葉を送った。

 矢作は大のゴルフ好きで、松山の試合を見に行くほどのファン。テレビ中継も見ていたという。普段は冷静な矢作も、優勝の瞬間は感涙したそうで、「俺、ほんとに泣いたからね。普通に泣いちゃう。実況で中嶋常幸と宮里優作と、解説の人も泣いてた。あれ、超良かったでしょ?」と振り返った。相方の小木博明(49)も「いいもん見させてもらったね。マスターズだからね。唯一、俺もゴルフは最近、見ないといってもマスターズは見ちゃうもんね」と、感動のシーンを目の当たりにしたという。

 矢作は以前、ハワイ・マウイ島の空港で松山とばったり会ったエピソードを明かした。オフでゴルフを楽しみに来た矢作は、手荷物受取場でひときわ大きいゴルフバッグが流れてきたことにビックリ。ちょうど米ツアーの大会が行われる週で、「『誰のだろうな?出場する選手のやつだろうな?』と思って。誰だろう?って見てたら。松山さん」。さらに、「恥ずかしいじゃん?大ファンだけど、話しかけるの」とファン目線になりながら、「松山さん、頑張って下さい」と激励の言葉を掛けたという。

 矢作は特に名乗らず、いちファンとして話しかけたつもりだったが、松山は矢作であることに気づいていたという。後日、当時の松山のキャディーから、松山が「矢作さん写真撮ってもらえばよかったな」と後悔していたことを知らされ、矢作は「あのマスターズチャンピオンが!それを聞いた時、うれしかったね」と感激。さらに「松山のパターでさ、おしりの穴に突っ込んで欲しかった」と下品なボケをかまし、小木から「癖(へき)だよ、癖」と突っ込まれていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月16日のニュース