渋野 Vへ吉兆!?首位と8差も「笑えるような内容じゃない」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

女子ゴルフツアーNOBUTA GROUP マスターズGCレディース第3日 ( 2019年10月26日    兵庫県 マスターズGC=6510ヤード、パー72 )

<マスターズGCレディース 第3日>1番、ティーショットを左に曲げ、トラブルショットを放つ渋野日向子(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 渋野は第3ラウンドを4バーディー、3ボギーの71と伸ばしきれず、通算6アンダーの9位。「なかなか笑えるような内容じゃなかったですね。伸ばしたかったので、1個だけというのは悔しい」と心境を明かした。

 この日は第2Rの未消化分の3ホールを回り、第3Rに向かった。2番でグリーン手前ラフからのアプローチが傾斜で戻りボギーが先行すると、10番でもアプローチが「キャリーでどっか~ん」と6メートルオーバーしてボギー。重点的に練習してきたのがアプローチだっただけに「もったいないですよね」と唇をかんだ。

 首位とは8打差がついたが、今季4勝目を挙げたデサントレディース東海クラシックで最終日に8打差を大逆転した“実績”もある。「まあ、頑張らないとですよね」と苦笑いしつつ「私的には明日は2桁(アンダー)に持っていきたいと思っているので、そこを目指して結果がどうなるか」。最終日の“しぶこチャージ”にも注目だ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース