八村 19得点も3Pは課題「ああいうシュートを決めなければいけない」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

NBA第2戦   ウィザーズ97―85サンダー ( 2019年10月25日    米オクラホマ州 )

サンダー戦でシュートを放つウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 【八村に聞く】

 ――ケガ人が多い中で勝利を挙げた。

 「メンツはそろっているけど、ケガ人が凄く多い。その中でのロードゲームで、ファンが(熱気を帯びた応援で)うるさいオクラホマシティーで勝てたのは良かった」

 ――19得点の活躍。

 「ブラッドも調子が悪かったですし、僕がしっかり積極的にやろうと思っていた」

 ――勝負どころのメンタルの強さの秘けつは?

 「大学の時から“最後の部分で活躍できる選手になるように”と、いつも言われていたので、そこは意識している」

 ――3点シュートを立て続けに外す場面(第3Q残り4分ごろ)があった。

 「ああいうシュートを決めなければいけない」

 ――高校から大学より、大学からNBAの方がスムーズに入れている印象を受ける。

 「そうですね。大学の時に凄く大変な経験をしたので、最初が大変なのは分かっている。心の準備がうまくできて、うまく切り替えができている」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース