トルソワが逆転でGP初出場V 紀平梨花2位 本田真凜が追い上げ6位

[ 2019年10月27日 07:10 ]

フィギュアスケート グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ最終日 ( 2019年10月26日    カナダ・ケロウナ )

<スケートカナダ第2日>女子フリー、演技をする紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子フリーが行われ、4回転ジャンプを3本決めたアレクサンドラ・トルソワ(15=ロシア)がトップの166・62点。合計241・02点を叩き出し、逆転でGPシリーズ初出場優勝を果たした。

 SP首位発進の紀平梨花(17=関大KFSC)は冒頭の3回転半で着氷が乱れながらも148・98点をマーク。計230・33点で2位。SP10位の本田真凜(18=JAL)は120・06点をマーク。合計179・26で6位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース