早大9位 丸刈り太田主将は反省「結果が出て初めて練習は意味がある」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 ( 2019年10月26日    陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園=21・0975キロ )

 早大は今年1月の本大会で12位に沈み、13年ぶりに臨んだ予選会もエース格の中谷雄飛(2年)を欠いて苦戦。9位で何とか44年連続89回目の出場を決めた。

 主将の太田智樹(4年)は「一度やったことがある」という丸刈り頭で出場したが、暑さが響いて後半に失速し個人16位(1時間3分58秒)でフィニッシュ。今年は夏合宿を1カ月前倒しで行ったが、「結果が出て初めて練習は意味がある」と厳しい表情だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース