中大“立川の悲劇”回避も悔し10位 船津主将「落ちてもおかしくなかった」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 ( 2019年10月26日    陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園=21・0975キロ )

 首の皮一枚の10位で本戦出場を決めた名門に笑顔はなかった。中大の舟津彰馬主将(4年)は、「やってきたことを出せていない。落ちても、おかしくなかった」と悔しさをにじませた。

 11位とは26秒の僅差だったが、3年前に連続出場記録を87で途絶えさせた“立川の悲劇”は繰り返さなかった。当時1年生で主将を務めていた舟津主将は「最後の予選会もハラハラだったが、本戦はしっかり頑張りたい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース