渋野日向子 通算7アンダーの7位で前半折り返し、首位はテレサ・ルー

[ 2019年10月27日 11:45 ]

女子ゴルフツアーNOBUTA GROUP マスターズGCレディース最終日 ( 2019年10月27日    兵庫県 マスターズGC=6510ヤード、パー72 )

渋野日向子
Photo By スポニチ

 賞金総額2億円の秋のビッグトーナメント「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」の最終ラウンドがスタートし、首位と8打差の9位から出た渋野日向子(20=RSK山陽放送)が前半9ホールを2バーディー、1ボギーの1アンダー35で回り、通算7アンダーの7位で前半を折り返した。

 首位は通算14アンダーのテレサ・ルー(32=台湾)、3打差の2位には柏原明日架(23=富士通)と稲見萌寧(20=都築電気)、4打差の4位にはホステスプロのイ・ボミ(31=韓国、延田グループ)が続いている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース