羽生結弦、圧巻の合計322・59点でスケートカナダ初優勝 田中刑事も巻き返し3位

[ 2019年10月27日 12:24 ]

フィギュアスケート グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ最終日 ( 2019年10月26日    カナダ・ケロウナ )

<スケートカナダ・男子フリー>してやったりの羽生結弦(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリシーリーズ第2戦、スケートカナダは26日(日本時間27日)に男子フリーが行われた。ショートプログラム(SP)で首位発進の羽生結弦(24=ANA)は212・99点でトップとなり、合計322・59点で同大会初優勝を飾った。2位には合計262・77点でナム・ニュエン(カナダ)が入った。

 現地22日に交通事故に見舞われた中、SPで5位だった田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)は169・91点で巻き返し、合計250・02点の3位に入った。

 羽生は冒頭の4回転ループを着氷、この後の4回転サルコー、トーループを決めるなど完成度の高い演技を披露した。羽生のフリー212・99点と合計322・59点はルール改正後の自己ベストとなった。

 これまで同大会に2013年、15年、16年と過去3度出場した羽生は全て2位という結果で頂点には立てていなかったが、見事に鬼門を制覇した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース