明大、主力4人欠場も4位 2年生・手嶋が奮闘「やってやるという気持ちだった」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 ( 2019年10月26日    陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園=21・0975キロ )

 明大はエースで主将の阿部弘輝や三輪軌道ら4年生の主力4人を欠いたものの、4位で2年連続61回目の出場を決めた。

 次期エース候補の手嶋杏丞(2年)が一時は日本人トップに立つなど個人9位(1時間3分28秒)の走りでチームをけん引。終盤の落ち込みを「悔しい」と反省しながらも「阿部さんが走れないのは夏合宿前から分かっていたし、4年生がいない分、やってやるという気持ちだった」と胸を張った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース