決勝勝率100%の南アフリカが3大会ぶり決勝進出 ラグビーW杯

[ 2019年10月27日 20:03 ]

ラグビーW杯準決勝   南アフリカ19―16ウェールズ ( 2019年10月27日    日産スタジアム )

<ウェールズ・南アフリカ>決勝進出を決め、歓喜のポラード(中央)ら南アフリカ代表(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 準々決勝で日本を破った南アフリカが、初の決勝進出を狙ったウェールズを19―16で下し、3大会ぶり3度目の決勝進出を決めた。11月2日に行われる決勝(日産ス)では、世界ランキング1位のイングランドと対戦する。

 ともに堅い守りが強みの両者の対戦は、序盤から拮抗した展開となった。前半は南アフリカが3PGで9点を奪うと、ウェールズも負けじと2PGを決め、9―6でハーフタイムを迎えた。後半は開始5分、先にショットのチャンスを得たウェールズのSOビガーがこの日3本目のPGを決めて9―9の同点に。その後は1トライ1ゴールずつを奪い合うと、後半35分、相手陣のラインアウトでペナルティーを得た南アフリカがショットを選択。SOポラードがこの日4本目のPGを決めて勝ち越すと、わずか3点のリードを最後まで守り切った。

 今年の欧州6カ国対抗では全勝優勝を果たしたウェールズだが、史上初の決勝進出には一歩届かなかった。後半24分にトライを挙げたWTBアダムスは今大会通算6トライとし、トライランキングで日本のWTB松島幸太朗(サントリー)を抜いて単独トップに躍り出た。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月27日のニュース