期待以上だった吉田「優勝するときは運もついてくる」

[ 2011年1月30日 15:06 ]

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 センターバックの主力として優勝に貢献した22歳の吉田は「ロスタイムが長かった。ぎりぎりの場面はあったけど、何とか対応できた」と達成感に浸った。189センチの高さを生かし、オーストラリアの攻撃をはね返した。後半早々にはゴールラインぎりぎりで失点を防ぐ場面もあった。

 中沢(横浜M)闘莉王(名古屋)という日本を代表するDFを欠いた大会で、1次リーグ初戦ヨルダン戦の後半ロスタイムに同点ゴールを決めるなど期待以上の働きを見せた。。代表の責任感を感じられた。これからも入り続けたい」と話した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース